• chikokume

アトピーと診断されていないけど


猫はタイトルとは関係なし。うちのちびです。

最初に皮膚科にかかったときの症状は、どこまで重かったか思い出せない。

なんか皮膚がかゆいような感じがして、皮膚科に行ったような気がする。

血液検査をしたけど、何のアレルギーだか判明しなかった。

一般的なよくあるアレルギー、猫だとか小麦だとか・・に対しては陰性てことで。


処方された飲み薬と外用薬で、症状はおさまり、まあこんなもんかと思っていた。

薬でおさまり、数週間たつとまたかゆみがでての繰り返し。

薬がどんなものか、続けていいのか悪いのかも気にしなかった。

無頓着だった。


ネットで調べると、リネステロン(リンデロン)の飲み薬と、デルモベートの塗り薬だった。ステロイドのまあまあきついやつ・・


ステロイドのきつめの薬だと知っても、やめようと思わなかった。

治るんだから、いいやん、って感じ。

正確には、治るんじゃなくって、症状がおさまるってだけ、なんだけど。



一念発起というか、なんか変えよう、と思いたったのは、

皮膚が弱くなってるのに気づいたから。

皮膚、薄いんじゃない?って。


昼間はなんともないんだけど、寝ている間に、ひっかいちゃって傷になる。

ちょっとひっかいただけど、ものすごい深い傷がついてるような。


寝る→ひっかく→傷になる→薬→皮膚がうすくなる→寝る→ひっかく→さらに深い傷になる・・・

負の連鎖。


どこからこの連鎖をたちきればいいか・・・

まずは、寝ている間にかかないように、できないものか。


ネットで調べまくってようやく見つけ出した、「寝ている間にひっかかない手袋」!

二重になってて、爪をたてても傷がつきにくい、その上、ベルトで手首をくるっと絞るので、

眠ってる間、手袋がはずせない。

Amazonで早速購入。楽天も探したけど見つからなかった。


この手袋をきっかけに、劇的に、ほんと劇的に皮膚が回復していったのだ。

もし、同じようなお悩みある人、おすすめしたい。

つづきはあるけど、結果を先に言うと、すでに半年間、ステロイドのお薬は使用せず、皮膚も健やか、つるつる。


つづく


行政書士・FP 久米事務所

〒658-0064 神戸市東灘区鴨子ヶ原3-2-52-103

TEL:078-851-7076

Email:chikokume@gmail.com

受付時間:8:30~17:30 メールは24時間!翌午前中までに返信いたします。

休日:土日祝(ご予約いただければ、土日祝、17:30以降も対応可能)

メール、電話で対応可能な事案は、全国お引受けいたします。

訪問​対応エリア

兵庫県:神戸市、芦屋市、西宮市、尼崎市、伊丹市、宝塚市、明石市、加古川市、姫路市

大阪府:大阪市、大阪府全域  京都府:京都市(北区除く)、長岡京市、向日市

和歌山県、奈良県:和歌山市、奈良市

© Copyright 2019 KUME All Rights Reserved