文化庁 AFF(ARTS for the future!)2 補助金
​当事務所は、AFF、AFF2ともに採択実績ございます!
美術館

Artts for the future!2 文化庁補助金とは

新型コロナウイルスにより、⽂化芸術活動の⾃粛を余儀なくされた⽂化芸術関係団体において、感染対策を⼗分に実施した上で、積極的に公演等を開催し、⽂化芸 術振興の幅広い担い⼿を巻き込みつつ、「新たな⽇常」ウィズコロナ時代における新しい⽂化芸術活動のイノベーションを図るとともに、活動の持続可能性の強化に資す る取組を⽀援する補助金です。

補助の対象者

・国内のプロの文化芸術関係団体
・国内のプロの文化施設の設置者または運営者

これらにあてはまる、法人もしくは任意団体が対象となります。(公演等の開催に資金面での責任を持つ者)

但し、2020年度の売上高が2019年度比20%以上減少していない営利法人は、下記(1)充実支援事業の対象となりません。

対象となる活動について

(1)または(2)、もしくはその両方が対象となります。
*各自治体の感染ガイドラインに従って行う事業であることが前提となります。
 
(1)充実支援事業

有料一般公開される公演や展覧会、映画の製作等であって、その更なる充実・発展を図る積極的な取組がなされているもの。

(2)キャンセル料支援事業

緊急事態措置やまん延防止等重点措置、水際措置等により延期・中止せざるを得なくなった(1)の公演等

補助対象分野

文化芸術基本法第8条から第12条に定める文化芸術分野

補助額について

 

補助金の額は、1団体あたり最大で600万円~2,500万円となります。

・本補助金は、1団体が申請して交付決定されるのは1回のみです。
・公演等の従事人員数、団体規模等を勘案した補助上限区分(600万円、1000万円、1500万円、2000万円、2500万円)があります。

補助対象となる経費

  • 出演費、スタッフ費などの人件費

  • 諸謝金

  • 音楽費、文芸費、舞台美術費

  • 会場費

  • 運搬費

  • 広告宣伝費

  • 外注費

  • 旅費

  • 販促費

など

募集期間

2022年3月28日~ 予算消化の目途が立つまでの間、随時募集。

申請方法

電子申請システムでのみ受付

申請必要書類

  • 事業概要(おおむね2000字)

  • 取組内容

  • 実績証明(パンフレット、プレスリリース、チラシなど)

  • 収支計画書

  • 構成員名簿

  • 従事人員申請書

  • 決算書等

  • 収益事業開始届出書(AFF2から追加)

など

事業計画書の作成ポイント

事業計画には次のようなことがポイントになります。

  • 募集要領をすみずみまで読み込む

  • 求められていることを全て書く

簡単なようですが、時間が相当に必要となります。しっかりまとめましょう。

当事務所料金

 

任意団体として申請される方にとって、補助金申請はなかなか手強いものです。

​当事務所では、申請に必要な書類作成を承ります。いい加減な書類作成はしておりません。事業所様としっかり打合せを行います。

  • 成功報酬は、補助金交付決定額の10%を交付決定時に申し受けます。成功報酬が5万円に満たない場合は、5万円+消費税となります。

  • 着手金は5万円+消費税とし、採択されなかった場合はご返却できません。採択された場合は着手金分を成功報酬から差し引きます。

​ご不明な点は、ご予約・ご依頼・お問い合わせフォームやメールにてお問い合わせください。