在留資格・特定技能
コンサルティング・出張セミナー

在留資格や特定技能に関する、コンサルティングとセミナー講師を出張してお引受けします。ご相談ください。

新しい在留資格、特定技能

2018年12月の臨時国会において、在留資格「特定技能」の新設を柱とする「出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律」が可決・成立し、2019年4月1日より人手不足が深刻な産業分野において「特定技能」での新たな外国人材の受入れが可能となりました。

この在留資格「特定技能」に係る制度とは、中小・小規模事業者をはじめとした深刻化する人手不足に対応するため、生産性向上や国内人材の確保のための取組を行ってもなお人材を確保することが困難な状況にある産業上の分野において、一定の専門性・技能を有し即戦力となる外国人を受け入れていくものです。

特定技能外国人を受入れる産業分野

特定技能外国人を受け入れる分野は、生産性向上や国内人材確保のための取組を行ってもなお、人材を確保することが困難な状況にあるため、外国人により不足する人材の確保を図るべき産業上の分野(特定産業分野)です。

具体的な特定産業分野については、「特定技能の在留資格に係る制度の運用に関する基本方針について」及び「特定技能の在留資格に係る制度の運用に関する方針について」(ともに2018年12月25日閣議決定)の中で次のとおり定められています。

①介護 ②ビルクリーニング ③素形材産業 ④産業機械製造業 ⑤電気・電子情報関連産業 ⑥建設 ⑦造船・舶用工業 ⑧自動車整備 ⑨航空 ⑩宿泊 ⑪農業 ⑫漁業 ⑬飲食料品製造業 ⑭外食業

 

特定技能所属機関になるためには

受入れ機関(特定技能所属機関)とは、特定技能外国人を実際に受け入れ、支援する企業・個人事業主等のことです。受入れ機関(特定技能所属機関)は外国人材と雇用契約を結びます。特定技能雇用契約では、外国人の報酬額が日本人と同等以上であること等、所要の基準に適合していることが求められます。

多数の書類を整えて、出入国在留管理庁長官の許可を得る必要があります。

コンサルティング・セミナー講師

中小企業様、小規模事業所様を対象に、在留資格や特定技能に関することについて、コンサルティングとセミナー講師を承っております。

対象の業種ではあるものの、どうやって特定技能で外国人を雇用する手続きをすればいいのかわからない、そもそも在留資格についてよくわからない、基本的なことから教えて欲しい、など、疑問にお答えし、導入について一緒に検討していきます。

セミナー形式でご希望の場合は、セミナー講師をお引受けしています。

行政書士・FP 久米事務所

〒658-0064 神戸市東灘区鴨子ヶ原3-2-52-103

TEL:078-851-7076

Email:chikokume@gmail.com

受付時間:8:30~17:30 メールは24時間!翌午前中までに返信いたします。

休日:土日祝(ご予約いただければ、土日祝、17:30以降も対応可能)

メール、電話で対応可能な事案は、全国お引受けいたします。

訪問​対応エリア

兵庫県:神戸市、芦屋市、西宮市、尼崎市、伊丹市、宝塚市、明石市、加古川市、姫路市

大阪府:大阪市、大阪府全域  京都府:京都市(北区除く)、長岡京市、向日市

和歌山県、奈良県:和歌山市、奈良市

© Copyright 2019 KUME All Rights Reserved