深夜における酒類提供飲食店
営業開始届

飲食店営業許可 および 風俗営業許可申請

についても対応しています。

届け出が必要場合

  • 深夜(0時から6時)に

  • お酒がメインで

営業する場合は、風営法33条により、所轄警察署(公安委員会)に届け出が必要です。

例えば、23:30に完全に閉店する場合や、ラーメン店やお好み焼き店などお酒以外をメインで提供する場合は、届け出は不要です。

深夜0時以降のカウンターごしのガールズバーなどは届け出が必要となりますが、キャバクラなど接待を伴う場合は、風俗営業許可が必要となります。

また、当届け出が必要である場合にもかかわらず、届け出をしなかった場合は50万円以下の罰金です。

※警察にこの届け出をする前に、飲食店営業許可を先にとっておく必要があるのでご注意ください。

当事務所では、神戸市・大阪市・芦屋市・西宮市・明石市・尼崎市・宝塚市・伊丹市で営業予定の方対象に、かなり面倒な、警察署対応、届け出手続き(届け出書類作成、寸法計測、平面図、求積図等の図面作成含む)を承ります。施設基準を満たしているかなど現地で確認し、個別案件ごと適切に対応していますので、飲食店営業許可および風俗営業許可についてもご相談ください。

禁止地域

都市計画上の住居系地域は原則禁止です。

変更・営業を廃止した方

変更のあった日・営業を廃止した日から起算して10日以内に、必要な届出書類を管轄の警察署に提出する必要があります。(法人の名称、住所、代表者の氏名の変更であれば20日以内。)

名義変更したい方

要するに、経営者が変わった場合ですが、この場合は新たに、届け出をし直さなければいけません。旧経営者は廃止届、新経営者は新たに届け出が必要です。

必要な書類

  • 開始届

  • 営業の方法

  • 店舗の平面図

  • 店舗の求積図

  • 客室、調理場、その他の求積図

  • 照明、音響設備配置図

  • 備品の図面

  • 付近の見取り図

  • 住民票(マイナンバー無し、本籍地あり。外国人の方は国籍あり。)

  • 飲食店営業許可証(原本か写しかは警察署に確認)

  • 賃貸借契約書のコピー

  • ビルのフロアマップ

  • 法人の場合:定款、登記事項証明書(登記簿抄本等:原本)

警察書への届け出手数料

無料。

当事務所料金

書類作成、書類作成に必要な寸法計測、警察署への届け出、など一式

50,000円(税別)+実費(郵送料等、あらかじめ御見積します)

※飲食店営業許可とあわせてお申し込みの場合

 50,000円+50,000円=100,000円のところを、

 合計70,000円(税別)+実費で承ります。

 ただし、営業所面積が50㎡以上で10,000円(税別)の加算、

 100㎡以上で20,000円(税別)の加算となります。

 無料御見積致しますのでご相談ください。

 

※廃業、変更届の方は別途ご相談ください。

※会社設立ご希望の方もご相談に応じています。

行政書士・FP 久米事務所

〒658-0064 神戸市東灘区鴨子ヶ原3-2-52-103

TEL:078-851-7076

Email:chikokume@gmail.com

受付時間:8:30~17:30 メールは24時間!翌午前中までに返信いたします。

休日:土日祝(ご予約いただければ、土日祝、17:30以降も対応可能)

メール、電話で対応可能な事案は、全国お引受けいたします。

訪問​対応エリア

兵庫県:神戸市、芦屋市、西宮市、尼崎市、伊丹市、宝塚市、明石市、加古川市、姫路市

大阪府:大阪市、大阪府全域  京都府:京都市(北区除く)、長岡京市、向日市

和歌山県、奈良県:和歌山市、奈良市